子どもの乳歯を虫歯にさせない! 親なら知っておきたい原因と対処法

子どもの乳歯を虫歯にさせない! 親なら知っておきたい原因と対処法

  子どもの歯磨きをすることはスキンシップにもなり、愛情が深まるものですが、実際の歯磨きはしっかりできていますでしょうか? たくさん食べて大きく成長するために子どもの歯の健康は欠かせません。 しかし幼い子どもの乳歯は虫歯になりやすく、親のしっかりとした歯のケアが求められます。 乳歯が虫歯になりやすい原因と、歯医者さんやお家でできる対処法をご紹介します。

     

なぜ乳歯は虫歯になりやすい?

■乳歯はエナメル質が薄い 歯は表面がエナメル質で覆われています。 このエナメル質が乳歯は永久歯に比べて薄く、歯の厚さにすると永久歯の2分の1ぐらいです。 このため酸に溶けやすい歯質で、虫歯にもなりやすいのです。 さらには奥歯の細かい溝が食べカスなどの汚れを溜まりやすくさせています。 ■虫歯菌の感染 赤ちゃんへの食べ物の口移しや、家族の唾液の付いたお箸やスプーンなどで食べ物を与えたときに虫歯菌が感染する恐れがあります。赤ちゃんは虫歯菌をもともと持っているわけではありません。 赤ちゃんがいる家庭では虫歯菌が感染しないように注意しなければなりません。 食べ物を与えるときは赤ちゃん専用のスプーンなどを用いるようにします。

永久歯にも影響が

虫歯は虫歯菌の感染が引き起こすものです。 乳歯に虫歯菌があると後から生えてきた永久歯も虫歯菌に感染して虫歯になりやすいです。 さらには乳歯が虫歯だとその下に控えている永久歯の健全な生え変わりを妨げ、永久歯が変色したり歯の生える向きが悪くなったりします。

どんな対処法をすればいい?

■歯医者さんでの予防 歯が生え揃ったら一度歯医者さんで診てもらいましょう。 歯の磨き方、歯ブラシの選び方などを指導してもらい、虫歯の予防を心がけましょう。 また虫歯菌の除去や抵抗力を高めるフッ素を歯の表面に塗る処置も効果的です。 さらには奥歯の細かい溝をあらかじめ埋めて虫歯になりやすい部分をなくす処置(シーラント)も場合によってはしておくと良いでしょう。 ■毎日の心がけ ・食生活での注意 食事、おやつの時間とそれ以外のものを口にしない時間のメリハリを持つようにします。 常に何かを食べている状態は虫歯菌を増殖させやすくするので、子どもにむやみに食べ物を与え過ぎないようにしましょう。 特に甘いものは虫歯菌を寄せつける原因です。味覚的にも甘さに慣れるとさらに求めるようになるので注意が必要です。 ・親の仕上げの歯磨き 就寝前は特にしっかり磨いてあげるようにします。子どもの磨き足りないところ、汚れがあるところなどをケアしたいです。 子ども一人でできるようになる8~9歳までは親の仕上げの歯磨きを続けて欲しいところです。 子どもの乳歯を虫歯にさせない! 親なら知っておきたい原因と対処法 乳歯の健全な成長は永久歯の生え方や、虫歯トラブルにも影響します。 子どもが幼いうちから親が虫歯予防や歯を大事にするような心がけをすることで、子ども自身もケアへの意識が強くなることでしょう。 乳歯の虫歯予防をぜひとも心がけください。