子どもの歯の生え変わり、親が知っておきたいこと

子どもの歯の生え変わり、親が知っておきたいこと

  子どもは成長する中で、乳歯から永久歯に生え変わる時期があります。 初めての子育ての場合などは特に「子どもの歯がグラグラしてきたんだけど、抜いてしまっていいの?」など、生え変わりにどう対処するべきかがよくわからないという親もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、子どもの歯の生え変わりについてご説明します。

 

「抜くべき歯」と「抜いてはいけない歯」

永久歯が生えてくると乳歯が抜けることになりますが、完全に抜け落ちる前にグラグラした状態が続きます。 この時に抜くべき歯かそうでない歯かを見極めるには、「今にも抜けそうなぐらいグラグラしているかどうか」というのが判断基準になります。 グラグラしはじめたばかりの頃はまだ歯の根っこの部分は頑丈であることが多く、「グラグラするからすぐにでも乳歯を抜かなければ」というわけではありません。

歯の生え変わりのタイミングで気をつけること

・乳歯でもむし歯を放置しない

乳歯がむし歯になっても、「いずれ永久歯に変わるから……」と、そこまで気にしていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、乳歯のむし歯を直さずに残しておくと「歯茎に膿ができやすくなる」「歯並びが悪くなる」「顎の発達が遅れてしまう」などといったリスクがあります。 乳歯であったとしてもむし歯がある場合は、必ず歯科医院に相談するようにしましょう。

・生えたての永久歯はむし歯になりやすい

生えたての永久歯の表面は粗く、汚れがつきやすくなっています。 むし歯にならないために、入念なケアが必要となるのです。 歯の質を強化するためには「フッ素」を活用するのがおすすめです。 フッ素には歯質強化の作用、歯の再石灰化の促進作用、歯垢が作る酸の発生を抑える作用があります。 フッ素塗布やフッ素洗口、フッ素配合の歯みがき剤の使用などでむし歯予防を行いましょう。

・乳歯が抜けないうちに永久歯が生えてきてしまったら?

まだ乳歯が抜け落ちないで永久歯が生えてくるということは、それだけ狭いスペースから永久歯が生えてこようとしているのです。 この場合、子どもの今後の歯並びに影響することがあるため、歯科医院への受診をおすすめします。

この時期の子どもへのアプローチのコツ

この時期の子どもへのアプローチのコツ

中にはグラグラする歯をみて「もう生えてこないのでは……」と怖がるお子さんもいます。 親の立場から乳歯が抜けることは悪いことではないと伝えるようにしましょう。 「この歯が抜けたら大人の歯になるよ!」などの言葉で、歯の生え変わりは成長の証であると教えてあげることで、子どもの不安を解消できるでしょう。 歯の生え変わりの時期は子どもの口内環境が大きく変わります。 このタイミングで歯科検診を受けておくのはおすすめです。