どこに注目すればいい? 子ども用歯ブラシの選び方

どこに注目すればいい? 子ども用歯ブラシの選び方

      子どもは大人と比べ口のサイズが小さく歯の形状も異なるため、子どもに適した歯ブラシを選んであげる必要があります。 そのためにはどのような点に注目して選べば良いのでしょうか? 子ども用歯ブラシの選び方についてポイントをご紹介します。

   

まずは「子ども用」を選ぶのが重要

各歯ブラシメーカーは、大人用の歯ブラシとは別に「子ども用歯ブラシ」を販売しています。 お子さんに歯ブラシを買ってあげる場合は、まずは「子ども用」と記載されている製品の中から選ぶのが大切です。 これらの製品は子どもが使用することを想定して開発されているため、子どもに最適だと言えます。

毛の硬さの選び方

歯ブラシの毛の硬さについては、「やわらかめ」「ふつう」「かため」と種類が用意されているものですが、子どもの場合には「やわらかめ」か「ふつう」がおすすめです。 「かため」は歯の汚れを取り除きやすいのですが、歯や歯茎にダメージを与えやすいという面があります。 子どもは大人より歯や歯茎が弱く傷つきやすいものです。 また、子どもは歯みがきの際に適切な力加減がわからず、力を入れすぎてしまうこともあります。 歯や歯茎を傷めないために、やわらかめかふつうの硬さの歯ブラシを選ぶことをおすすめします。

毛先の形状の選び方

毛先の形状の選び方

歯ブラシの毛先の形状には、「平ら」「ギザギザ」「斜め」などさまざまなタイプがありますが、圧力が均等に掛かり、歯ブラシが苦手な方でも歯みがきしやすい平らな形状の歯ブラシが子どもにはおすすめです。 また毛先が太めのタイプならさらに磨きやすいので、平らで太めな形状の歯ブラシを選ぶと良いでしょう。

毛の素材の選び方

歯ブラシの毛の素材には、動物毛とナイロン毛があります。 動物毛は、歯垢がやや落としにくく、また口腔内細菌が毛に付着しやすいというデメリットもありますが、歯や歯茎に優しいのが特徴的です。 前述のとおり子どもの場合、歯や歯茎を歯みがきで傷めやすいので、この点では動物毛の歯ブラシが子ども用としておすすめです。 子どもが少し大きくなって、歯ブラシに慣れてきたらナイロン毛にシフトしていくと良いでしょう。

ヘッドサイズの選び方

歯ブラシのヘッド(毛の部分)のサイズについては、大人用の場合、植毛3列、横が2~2.5cm程度が目安です。 しかし子どもにはこれでは大きいので、一回り小さめのものを選ぶと良いでしょう。

子どもの歯ブラシは定期的に交換を

子どもは歯みがきの際に力を入れすぎてしまうことが多く、すぐに毛先が広がってしまいがちです。 毛先が開いた歯ブラシでは歯の汚れを上手く落とせず、歯や歯茎を傷つけやすくなってしまいます。 お子さんの歯ブラシは頻繁にチェックし、ダメになったものはすぐに新しいものに交換してあげることをおすすめします。