「歯石」が口臭の原因に? 歯石がもたらす影響と除去方法

「歯石」が口臭の原因に? 歯石がもたらす影響と除去方法

    歯医者さんに治療や定期健診で訪れた際、歯石の除去をしてもらったという経験のある方は多いと思います。 この歯石とは、そもそもどんなものなのかご存知でしょうか? どうして歯石を除去したほうが良いのでしょうか? 歯石の正体や、歯石を放置することによって起こる影響、歯石除去の方法などについてお伝えします。

       

そもそも「歯石」って何?

食事の後、食べかすが歯に付着して細菌が繁殖し、約8時間で「歯垢(プラーク)」と呼ばれるネバネバとした細菌の塊になります。歯垢は虫歯や歯周病の原因になるということをご存知の方は多いでしょう。 この歯垢は丁寧な歯みがきで落とすことができますが、歯みがきで落とせなかった歯垢は、2週間ほどで唾液の中のミネラルと結合して石灰化し、歯みがきでは落とせなくなってしまいます。これが「歯石」と呼ばれるものです。

歯石による影響とは

実は、歯石自体はその名の通り歯に付着いた石のようなものなので、歯垢のように悪影響をもたらすものではありません。 しかし、歯石の表面はザラザラとしているため、歯垢が付着しやすいという特徴があります。これにより、以下のような悪影響が起こりやすくなってしまうのです。 ・口臭が発生しやすくなる 歯垢の中にいる細菌は、口臭の原因となるガスを発生させます。また、歯垢が原因で出血や腫れ、膿などが起これば、それらも口臭を引き起こす原因となってしまいます。 ・歯周病のリスクが高まる 歯石がある部分は凸凹しているため、歯垢が付着しやすく、歯みがきで落としにくくなります。口内に歯垢が増えれば、歯周病になったり歯周病が悪化したりするリスクが高くなるのです。 ・歯周病による全身疾患のリスクも 歯垢の中の細菌は、歯肉から血管に侵入して動脈硬化や心臓病などを引き起こす原因にもなります。また、糖尿病を悪化させることもわかっています。口内に歯垢が多い状態を放置していることは、歯周病だけでなくさまざまな疾患のリスクも高めてしまうのです。

歯石除去の方法

「歯石」が口臭の原因に? 歯石がもたらす影響と除去方法

歯垢は歯ブラシやデンタルフロスを用いて丁寧に口内ケアを行うことで落とせますが、歯石になってしまうと歯みがきでは落とせません。歯石の除去は歯科で保険適用の費用で受けることができます。歯科での歯石除去には一般的に「スケーリング」「ルートプレーニング」という方法が用いられます。 ・スケーリング 歯の表面や歯周ポケットの浅い部分にできた歯石を、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使用して除去する方法です。細い器具で歯垢を削り落としたり、超音波で歯垢を砕いたりすることで除去します。 ・ルートプレーニング スケーリングの終了後に、歯周ポケットの奥の部分にできた歯石を取り除き、歯の根元の部分を平らに滑らかに仕上げることで歯垢や歯石が付きにくくする方法です。 以上、歯石がもたらす影響と歯石除去の方法についてお伝えしました。 定期的な歯石除去を行って口内を清潔に保つためにも、歯科の定期健診を受けるのが大切だと言えるでしょう。