どれくらいかかる? インプラント治療の流れと期間

どれくらいかかる? インプラント治療の流れと期間

    何らかの事情で歯を失ってしまった場合の治療方法には、入れ歯やブリッジ、インプラントがあります。中でも本当の歯と近い噛み心地や安定性を得られるインプラントは、近年人気の高い治療法だと言えるでしょう。 インプラント治療は外科的な手術を行うため、入れ歯やブリッジと比べて治療にかかる期間は長くなります。インプラント治療の大まかな流れと治療にかかる期間についてお伝えします。

       

インプラント治療の流れとかかる期間の目安

インプラントは、歯を失ったあごの骨の中に人工歯根を埋め込んで土台をつくり、その上に人工歯を装着する治療法です。 一般的には、以下のような流れで治療が行われます。 (1)カウンセリング、前段階の治療 全身や口腔内の状態に対する問診やレントゲン、CT撮影などによる検査を行い、治療方法や費用、期間などについて相談を行います。 むし歯や歯周病などがある場合はあらかじめ治療を行う、骨が足りない場合は骨造成を行うなどして、インプラント手術ができる状態にします。 (2)インプラント手術 人工歯根(フィクスチャー)をあごの骨に埋め込む手術を行います。手術は骨の状態などに合わせて「1回法」もしくは「2回法」のいずれかを行います。 (3)結合期間 埋め込んだインプラントと骨が結合するまでの期間を設けます。 個人差がありますが、一般的におよそ2ヵ月から6ヵ月程度で結合します。この間、必要に応じて仮歯を入れるケースもあります。 (4)アタッチメントの連結 人工歯を装着するため、支柱となるフィクスチャーの上にアタッチメントを連結させます。 (5)人工歯の取り付け 口内全体の歯型を取り人工歯を製作し、アタッチメントの上から人工歯を装着して治療終了となります。

どれくらいかかる? インプラント治療の流れと期間

一般的な治療期間は3ヵ月~1年半程度

インプラント治療では、インプラントと骨が結合するまでに2ヵ月から6ヵ月程度かかることになります。 カウンセリングや人工歯の制作、取り付けも含めると、早い方でも治療開始から完了まで3ヵ月程度はかかると言えるでしょう。 また、骨の硬さやあごの大きさ、失った歯の状況などは人によってさまざまです。インプラント手術前にむし歯の治療や骨造成などを行う場合には、治療が完了するまでに1年以上かかる場合もあります。 治療にどの程度の期間がかかるのかなどについては、あらかじめ治療にあたる歯科医師とよく相談しておくことをおすすめします。 また、治療を完了した後も、3~6ヵ月ごとに定期健診を受けて、良い状態を保っていくのが大切です。