どちらを選べばいい? インプラントとブリッジの違い

どちらを選べばいい? インプラントとブリッジの違い

    歯を失った場合の治療法として、入れ歯以外では「インプラント治療」と「ブリッジ治療」があります。それぞれどのような治療法なのか、どのようなメリットおよびデメリットがあるのかについてお伝えします。

           

「インプラント」と「ブリッジ」ってどんな治療法?

インプラントとは、歯を失った部分のあごの骨の中に人工の歯根を埋め込んで土台をつくり、その上に人工歯を装着する治療法です。 一方、ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を使って、橋を架けるように人工歯を装着する治療法です。 方法が大きく異なるため、治療にかかる期間や費用、治療後の使用感や見た目などに違いがあります。それぞれどのような特徴があるのかを知った上でいずれの治療法を選ぶのかを判断するのが大切です。

インプラントとブリッジの違い

どちらを選べばいい? インプラントとブリッジの違い

では、具体的にインプラントとブリッジではどのような違いがあるのでしょうか。いろいろな点で比較していきましょう。 ・治療にかかる費用 インプラント治療には保険が適用とならず、費用が高額になりやすいです。一方、ブリッジは保険適用の場合、かなり安価に治療を受けることができます。ただし、保険適用で使用できる素材・材料には制限があり、審美性や親和性、耐久性を求めてセラミック素材を選ぶ場合には高額になります。 ・治療にかかる期間 ブリッジ治療は両隣の歯を削り、型を取った後に人工歯を歯に装着するというシンプルな方法。治療期間は1~3ヵ月程度が一般的です。 一方でインプラント治療は、手術後、歯が骨に結合するのを待つ期間があるため治療完了まで半年から1年以上かかるケースが多いです。治療期間に関して言えば、ブリッジのほうが短く済むと言えるでしょう。 ・ほかの歯への負担 ブリッジは、失った歯の両隣の歯を土台にして人工歯をかぶせる方法です。このため、治療の際には両隣の歯も削ることになります。また、噛む際には土台になる歯に負担がかかるため、歯の寿命に大きく影響してきます。 インプラントは人工歯根のため、自立タイプの治療方法です。そのため、他の歯への負担はありません。 ・噛む力、噛み心地 インプラント治療後の噛む力や噛み心地は、自分の本来の歯とほぼ同じになります。 ブリッジの場合は土台になる歯の状態などにもよりますが、噛む力は本来の歯の6割程度になります。噛み心地については、本来の歯とそこまで違いがないと感じる方が多いようです。 ・見た目 インプラントは、本来の歯の見た目にかなり近い状態に仕上がります。 ブリッジは使用する素材によりますが、保険適用外の素材を使用した場合にはインプラントと同様、本来の歯と近い仕上がりにすることも可能です。前歯の場合はインプラントよりブリッジのほうが、審美性が高くなるケースもあります。 以上、インプラントとブリッジの違いについて大まかにお伝えしました。インプラントとブリッジどちらが適しているのかは、骨の状態やどの部分の歯を失ったかなどによっても異なってきます。それぞれの治療法の特徴を理解したうえで、どちらの治療法を選ぶかについては歯科医師とよく相談の上、判断されることをおすすめします。