茶色くなって汚い! 歯が着色しやすい人の特徴と予防法

茶色くなって汚い! 歯が着色しやすい人の特徴と予防法

    この記事をご覧の方々のなかには、歯が茶色くなったり黄ばんだりして汚くなっていませんでしょうか。 歯はちょっとした事で着色しやすく、相手に嫌な印象を与えてしまうことや、それが虫歯の原因につながってしまう事も。 そんな歯の着色はなぜ起きるのか、またその予防法をご紹介していきます。

       

1.なぜ歯は着色する?

歯は放っておくと茶色や黄色に着色し、なんとも見栄えが悪くなってしまう事があります。歯が着色するのにはいくつか原因があります。主な原因としては次の通りです。 ・飲み物による着色 お茶・コーヒー・ワインなどの飲み物を飲むと、その成分が歯に付着し着色してしまう事があります。特にコーヒーは着色の原因となるポリフェノールが多量に含まれているため、着色しやすいです。 また飲み物に限らず、カレーなど濃い食べ物を食べてもその成分が歯に付着し色が付く原因となる事があります。 ・タバコによる着色 タバコを多量に吸っていると、タバコに含まれるニコチンやタールが蓄積されていき、歯の着色につながることがあります。 ・歯の汚れ 歯に歯垢や歯石などが付着し、それが汚れとなり歯を着色させてしまう事があります。歯の汚れによる着色は、いずれ虫歯の原因ともなるため注意が必要です。 ・虫歯による汚れ 歯が虫歯となると、その初期段階としてカルシウムが抜けていき歯の白が濁っていきます。さらに悪化すると虫歯により歯の表面が崩れ茶色になり、最終的に歯の神経が死んでしまうと、歯が黒ずんでいきます。 ・加齢による着色 年齢を重ね、歯の組織が老化したことにより、自然と歯が変色していくことがあります。 ・遺伝性による着色 遺伝が原因で歯が自然と着色されてしまう事もあります。遺伝によって着色する人の割合は15000人に一人程度と言われています。 ・その他 薬物や抗生剤などの副作用により、歯が着色される事もあります。

2.歯の着色の予防法は?

2.歯の着色の予防法は?

歯の着色はいくつか予防法があり、本人の努力次第で未然に防ぐ事も可能です。歯の着色の予防法は次のとおり。 ・歯磨きをする 歯の着色は特殊な原因のものでなければ、歯磨きをする事で洗い落とせるため、未然に予防できます。 特に食後やコーヒーブレイクの後などに歯磨きを欠かさず行えば、効果はてきめんです。 ・ガムを噛む ガムを噛むと、唾液が分泌され着色成分が洗い流せるため、これも予防につながります。毎食後の歯磨きが面倒くさいという方はガムを噛む習慣をつけるのが良いかもしれません。 ・うがいをする 水を口に含みガラガラとうがいをすれば、着色成分も一緒に洗い流す事ができます。できれば歯磨きも一緒にしたいところですが、うがいだけでもするに越したことはありません。

3.歯科医でクリーニングしてもらう

余りに頑固な着色となってしまい、なかなか自分だけでは解消できない場合は、歯科医で歯のクリーニングをして貰うのが効果的です。ただし、保険内でのクリーニングは歯垢歯石の除去までです。ご自身の本来の歯の色に戻すには色素除去(自由診療)を行います。細かい粒子を吹き付けて着色を落としていきます。 歯科医のクリーニングは専門的な技法で歯の汚れや着色を取り除いてくれるため、歯が一気にきれいになります。 さらに歯を白く美しくしたい場合は、「ホワイトニング」というサービスもおすすめです。歯の漂白です。強制的に白くするため、後戻りもします。 このように歯の着色というのは意外と身近な事が原因となり起こります。とはいえ歯磨きなど日々の心掛け次第で予防も可能ですので、歯を綺麗に保ちたい方は予防法を徹底する事をおすすめします。