インプラント手術をするとCTやMRIで問題になる?

インプラント手術をするとCTやMRIで問題になる?

    インプラント手術をすると、のちのち医科用CTやMRI等の画像診断をした際に上手く撮影できないのではないかと不安視される方が意外とおられます。 たしかにインプラント手術では歯の中に金属を埋め込むので疑問も湧きますよね。 さて、このインプラント手術後はMRIの検査に果たして影響がでるのかについてご紹介していきます。

       

1.インプラント手術とCT

インプラント手術後にCT検査を行った場合、撮影した画像に「アーチファクト」と呼ばれる白い残像のようなものが表れる場合があります。特にメタルコア(金属の芯棒)やクラウン部分など“金属”がある箇所でアーチファクトが起こりやすいです。インプラント手術前に撮影する歯科用CTでも他部位のアーチファクトが起こっているケースがありますが、診断にほとんど影響しませんので安心ください。 もしあまりにもアーチファクトが強く、担当の医師に検査診断できないと言われてしまったら、歯科医院に相談してみましょう。 ちなみにインプラント(人工歯根)を除去することはかなり難しいです。

2.インプラント手術とMRI

通常のインプラントの場合は、MRIには特に影響はなく、問題なくMRI検査を受けられます。一方で磁石を埋め込んだタイプのインプラントの場合は、磁石を一度外さなければMRI検査を受けられません。 理由としては、MRI検査は「磁気共鳴装置」とも呼ばれる検査であり、磁気を発生し共鳴させます。このためインプラント内に磁石があると磁気が共鳴し発熱し、やけどなどを起こしてしまう恐れがあるためです。実際のところ磁石があったとしても身体に害をなす可能性は極めて低いとも言われていますが、それでもMRI検査の際には磁石を外して診断を受けるのが常識となっています。 また稀に、磁石に限らずインプラントの金属部分も注視し、金属部分も外さないとMRI検査を受けさせてくれない医師などもいます。 なお、インプラントで磁石を埋め込んでいても、例えばお腹や足など離れた部位のMRI検査を行う場合についてはインプラントの磁石の影響は少なくなるため、磁石を外さずにMRI検査が行える場合もあります。

3.その他の検査について

インプラント手術で注意しなければならないのは主にMRIです。 レントゲン検査や、PET検査やエコー検査などその他の画像診断検査についてはインプラントの影響はなく、すんなりと検査を受けられます。

インプラント手術をするとCTやMRIで問題になる?

このようにインプラント治療後に何かの検査でCTやMRIを受ける場合は、金属や磁石部を外したり調整したりする必要がでてくる事があるので、まずは双方の担当医に相談しましょう。この点はインプラント治療をする上で頭に入れておきたいところです。 参考までに・・・ 磁石を埋め込んだタイプのインプラントとは? 「磁性アタッチメント装置」を使った、インプラント義歯です。磁石で義歯の維持をするタイプです。従来の人工歯をかぶせるような場合は磁石は使用しません。