どれを選ぶ? いろいろあるインプラントの人工歯の種類

どれを選ぶ? いろいろあるインプラントの人工歯の種類

インプラントの上部にあたる人工歯(被せ物、クラウン)。 人工歯は「オールセラミック」「メタルボンド」などいくつか種類があり、「長持ち」「見た目が良い」「費用が安い」などそれぞれ特徴が異なり、また自分の好みから選ぶ事ができます。 ここではインプラントの人工歯にどんな種類があり、どんな特徴を持っているかをご紹介していきます

       

1.ジルコニアセラミック

ジルコニア(人工ダイヤモンド)でてきた人工歯です。 人口ダイヤモンドならではの丈夫さや美しさが魅力ですが、価格が高いのが難点。 耐久性、見た目重視型のインプラントと言えます。 ・メリット 人工ダイヤモンドのため固く、割れる事がなく丈夫で長持ちなのが魅力。 また見た目も美しく変色もしないため、自然な仕上がりとなるメリットもあります。 ・デメリット 人工ダイヤモンドのため、インプラント治療費用が人工歯全種類の中で高くなる傾向が強いです。

2.オールセラミック

すべての部分が「セラミック」で作られた人工歯です。 美しさが魅力ですが、ジルコニアに比べ耐久性が低いのが難点。 見た目重視型インプラントです。 ・メリット セラミックならではの美しさがあり変色もせず、自分の歯に近い、自然な仕上がりとなります。 ・デメリット 強度や耐久性に少々難があります。 また価格がやや高い(ジルコニアセラミックに次いで高い)のも難点。

3.ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックを混ぜて作られた人工歯です。 仕上がりも良く価格も安いですが、耐久性に難があり、経年劣化で変色することもあります。 価格を重視した際に採用したいインプラント。 ・メリット プラスチックを使っている分、費用が抑えられており、人工歯全種類の中で最も少ない費用で済むのが魅力。 また、セラミックならではの美しさを持ち合わせています。 ・デメリット 強度や耐久性に難があり、人工歯全種類の中で最もかけやすいタイプです。 また当初は美しいものの、経年劣化に弱く時間がたつと艶が失われていくのも欠点。

4.メタルボンド

金属でできた歯の形のフレームにセラミックを焼き付けた個性的な人工歯です。 金属であるため強度や経年劣化に強いですが、金属アレルギーでは使えないのが難点。耐久性重視型インプラント。 ・メリット 金属でできているため、固く丈夫で、経年劣化による変色なども少ないです。 見た目も自分の歯に近い自然な仕上がりとなりますが、天然歯に比べ透明感がありません。 費用は使用する金属によって幅があるので注意が必要。 今は金属が高騰しているため、ジルコニアと変わらない費用になってしまう場合もあるのであまりお勧めしません。 ・デメリット 金属であるため金属アレルギーの方はそもそも利用できません。 見た目は自然な仕上がりになりますが、セラミックのような美しさは得られません。 経年劣化には強いものの、金属が解けて歯が黒ずむリスクはありますし、セラミックの部分だけチップしてしまうこともあります。

5.フルジルコニアセラミック

前述された「ジルコニア」とまったく同じ材質の人工歯です。 違いはフルジルコニアは機械で削り出したフレームだけで仕上がっている1層構造の人工歯です。 そのため、この種類の中では最も硬く耐久性では最上位です。 ただし、フレームからセラミックを焼き付けて、自身の歯の色に近づける「ジルコニア」と違い、審美的に劣ります。 大臼歯や游離端の歯にはベストなインプラント。 ・メリット 人工ダイヤモンドのため固く、そして1層構造なので割れる事がなく丈夫で長持ちなのが魅力。 ・デメリット 耐久性重視のため、審美的に他の材質より劣ってしまう。 フルジルコニアセラミック このようにインプラントの人工歯には様々な種類があります。 ご覧のとおり、どれも一長一短であり、どれがベストかは本人の求めるものによって変わってきます。 自身の利用シーンや予算などを考えた上でどれが適しているかを検討していくのがよいでしょう。