「歯ぎしり」の癖があってもインプラント治療できる?

「歯ぎしり」の癖があってもインプラント治療できる?

    ご家族から「歯ぎしりがうるさい」と指摘されたことはないでしょうか? そうした指摘を受けたことがない方でも、朝起きたときにあごが疲れていると感じる場合などは眠っている間に歯ぎしりをしている可能性があります。歯ぎしりは歯や歯肉への負担が大きく、インプラント治療をする方の場合はインプラントにも悪影響を及ぼします。 今回は、歯ぎしりがインプラントに及ぼす影響や対策などについてお伝えします。

       

寝ている間に「歯ぎしり」をする人は少なくない

眠っている間に起こる歯ぎしりは「睡眠時ブラキシズム」と呼ばれています。上下の歯をギリギリとこすり合わせる「グラインディング」、音を立てずに強く噛みしめる「クレンチング」、その両方が起こる場合など、人によって現れ方はさまざまです。 歯ぎしりは珍しいことではなく、大人のおよそ5~15%に起こることが分かっています。グラインディングの場合は家族などに指摘されて気づくケースが多いですが、音を立てないタイプの歯ぎしりをする人の場合は家族も気づかないゆえに自覚していないケースが少なくありません。 歯ぎしりの原因はまだはっきりと解明されていません。以前はかみ合わせに原因があって起こるとされていましたが、近年では神経活動や遺伝、疾患なども要因となると考えられています。

歯ぎしりはインプラントに悪影響を及ぼす

奥歯にかかる力は非常に大きく、食事などの際には最大で自分の体重ほどの力がかかると言われています。眠っている間に歯ぎしりをするときは、その力をさらに上回り、体重の2倍ぐらいまでの力がかかることもあるようです。 こうした大きな力がかかるため、歯ぎしりが習慣になっている人は歯が削れるなどの問題が起こりやすくなります。これは天然の歯に限らず、人工歯であるインプラントの場合も同様です。最近ではインプラントの性能が向上しているため、歯ぎしりによってインプラント自体がダメになってしまう可能性は低いですが、上部構造(セラミックなど)の一部が欠けてしまう「チッピング」が起こりやすくなることがわかっています。

歯ぎしりからインプラントを守るには

「歯ぎしり」の癖があってもインプラント治療できる?

歯ぎしりによって歯が削れてしまうのを防ぐためには、マウスピースの装着が有効とされています。これは、インプラントの上部構造を歯ぎしりから守りたい場合にも有効です。 医療用のマウスピースにはさまざまな呼び名がありますが、歯ぎしりの治療用に用いられるマウスピースは「ナイトガード」と呼ばれる樹脂製のマウスピースです。セラミックの摩耗やチッピングを防ぐとともに、歯ぎしりによってかかる力を分散することでインプラントへの負担を減らす効果も期待できます。 ナイトガードは健康保険適用で作ることができるので、歯ぎしりを指摘されたことのある方がインプラント治療を行う場合には導入なさることをおすすめします。