静脈内鎮静法

このようなお悩みの方にも安心して治療を受けていただくために、当クリニックでは「静脈内鎮静法」を行っています。

程度の差はありますが、歯科治療は誰もが多少の怖さを感じていて、お悩みとして持っているものです。

痛みを抑えて安心して治療を受けていただける選択肢の一つとしてご提案できればと考えています。

静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、鎮静薬を点滴から注入し、不安や恐怖心、緊張感を取り除いてリラックスした快適な状況で治療を受けていただく方法です。

鎮静中はうつらうつらとまどろんでいるような状態で、自分自身で普段と同じように呼吸ができ、呼びかけに対しても反応することができます。

全身麻酔のように意識が全くなくなることはなく、施術後に少しお休みいただくだけで鎮静効果は薄れますので、施術当日にお帰りいただけます。

日本歯科麻酔学会認定医が行います

歯科医師 長坂

当院では、日本歯科麻酔学会の認定医が、血圧計や心電図などのバイタルをモニタリングしながら全身状態を管理するため、安全に治療を行うことが可能です。また、当院の日本歯科麻酔学会の認定医は女性医師です。

「治療に対する恐怖心が取り除かれたとしても、うつらうつらとした鎮静状態でいるのは不安だわ」とお感じになる方にも、女性医師が全身状態を管理して行いますのでどうぞご安心ください。

日本歯科麻酔学会はこちらから

静脈内鎮静法の流れ

静脈内鎮静法を利用した際の治療の流れをご案内します。

問診・ご説明

患者様の体調やお口の状況を伺い、本日行う治療内容をご説明させていただきます。

治療内容に同意・ご納得いただけましたら治療を開始します。

点滴・麻酔の開始

腕もしくは手の甲などの静脈に点滴をします。

点滴の際の静脈注射に対する痛みを完全になくすことはできないのですが、極細の注射針を使用して、痛みを軽減しています。

点滴の準備ができましがら、患者様のバイタルを生体モニターで見ながら鎮静剤を投与していきます。

歯ぐきの麻酔

麻酔の効果が出て、睡眠状態になった事を確認してから、歯ぐきに局所麻酔を行います。

麻酔中のため痛みは感じませんので、ご安心ください。

治療開始

呼吸状態や脈拍、血圧などをモニタリングしながら治療を進めていきます。

治療終了・休憩

治療が終了しましたら、鎮静剤の投与をストップします。

必要に応じて麻酔の作用を減少させる薬の投与を行います。

患者様の意識がはっきりするまでお休みいただければ治療完了となります。

(個人差がありますが5分〜60分程度です)

治療内容のご説明

本日行った治療内容と次回行う予定の治療・メンテナンスの内容をご説明し、当日の治療はすべて完了となります。