セレック治療ってどんなの? 流れを紹介

セレック治療ってどんなの? 流れを紹介

    歯の詰め物や修復物が簡単に手に入る「セレック治療」をご存知でしょうか。セレック治療であれば、最新鋭の機械を使うので従来のように歯型をとる必要がなく、時間や費用を節約できます。 ここでは、最近話題になっているセレック治療についての概要と、治療の流れについて紹介します。

       

セレック治療とは

「セレック治療」は、コンピューター制御によって歯の修復物を設計、製作するCAD(コンピューターで設計)/CAM(コンピューターで製造)システムを使用する治療のことを言います。医療の先進国であるドイツで始められました。 「セレック」とは「CEREC」と書き、「Ceramic Reconstruction(セラミック修復)を意味します。3D光学カメラを使って患部をスキャンし、患部の歯列をモニターに表示。その後コンピューター上の3D画面で修復物を設計、ミリングマシンを利用して制作します。 そのため、場合によっては1日でセラミックを装着することもできます。またセラミックを用いることで高い耐久性があり、見た目も白く美しいので修復物の精度が高いことが利点です。それに加えて歯科技工所に依頼せず歯科医院で作製するので、人件費を削ることができコストも抑えられます。 治療を短時間で終わらせたい方や、白くてきれいな歯を希望の方、治療費を抑えたい方におすすめの治療法であると言えるでしょう。

セレック治療の手順

セレック治療がどのようにして進められるのか、治療が完了するまでのステップを見てみましょう。 1.歯型をとり模型の製作(もしくは口腔内の撮影) 治療する歯を削り、従来どおり歯型の模型を作り、スキャナーで模型を読み取ります。(3D光学カメラを使って患部を撮影(スキャン)する医院もあります)スキャンはわずかな時間で歯列の3Dデータがコンピューターのモニター上に表示されます。 2.修復物の設計 コンピューターのモニター上に表示された画像を見ながら、歯の形やかみ合わせの調整をおこないます。あらゆる角度から確認して進めていくので、理想の形に設計することが可能です。設計後は、お好みの色のセラミックブロックを選びます。 3.加工・制作 設計が終了したら、ミリングマシンと呼ばれる機械で、設計されたデータをもとに修復物を作製します。セラミックブロックを削ることで、修復物の形や精度を整えることができます。 4.口腔内へセット 完成した修復物を接着技術を用いて口腔内へセットします。これで治療のすべてが完了です。ちなみに、治療の全工程でかかる時間は1時間程度です。

セレック治療ってどんなの? 流れを紹介

従来のように歯形をとって、何度も通院する必要のないセレック治療は、時間や費用を節約できるうえに、性能が高いため、利用者にとってはうれしい治療法だといえるでしょう。 歯の修復物を作ろうとお考えの方は、セレック治療についてご検討してみてはいかがでしょうか。