虫歯の痛みを和らげる方法とNGパターンを紹介!

虫歯の痛みを和らげる方法とNGパターンを紹介!

    虫歯が痛くて眠れない、仕事や勉強に集中できないなど、歯の痛みで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。虫歯が痛く感じるときは歯医者さんで治療してもらう必要がありますが、忙しくて通院する時間がないなど、治療を受けられない方もいると思います。 そんなときは、自分でできる応急処置をしましょう。

       

虫歯の痛みを和らげる方法

まず虫歯の痛みを和らげる方法を紹介します。 ・患部を冷やす 虫歯が痛んできたら、まずは患部を冷やしましょう。氷嚢(ひょうのう)や濡れタオルで頬の上から患部を冷やします。こうすることで血の巡りを抑え、歯の痛みを和らげることができるのです。おでこに貼るようなタイプの冷湿布を頬に貼ることで代用することもできます。 ・口の中を洗浄する 冷やしても痛みがおさまらなければ、口の中をきれいにしましょう。食後に歯痛が起こった場合は、食べかすなどが歯の神経を圧迫しているかもしれません。うがいをしたり、つまようじや糸ようじなどで口の中の汚れを落とします。ここで注意してほしいのは、絶対に患部を刺激しないこと。刺激することで歯痛が悪化してしまう可能性があります。 ・薬を飲む 冷やしても清潔にしても歯痛が収まらなければ、痛み止めを飲みましょう。一時的ではありますが、痛みを抑えることができます。痛み止めは「痛みを感じさせなくしている」だけだというのを忘れないようにしましょう。治ったわけではないので、悪化する前に歯医者に行くようにしてください。

虫歯が痛いときのNG行動

虫歯が痛んでいるときには、やってはいけないNG行動がいくつかあります。次の行動を避けることにより痛みの緩和をより効率的に行えるようになるかもしれません。 ・患部をいじる 痛い歯が気になるのはわかりますが、患部は絶対に触ったりいじったりしてはいけません。指で触れば細菌が患部に侵入する可能性があり、痛みを悪化させてしまいます。できるだけ舌でも触れないように心掛け、そっとしておきましょう。 ・入浴 体温が上がることで歯痛が増します。血液の循環がよくなり、血流が神経を圧迫するからです。入浴せずに、ぬるま湯のシャワーを浴びるようにしましょう。 ・喫煙、飲酒 タバコやアルコールは体温を上げる作用を持っているうえに、歯を刺激する成分を含んでいます。歯痛のときは喫煙と飲酒は避けたほうが賢明です。

虫歯の痛みを和らげる方法とNGパターンを紹介!

以上が歯の痛みを和らげるための方法です。歯が痛いときの参考にしてみてください。 しかしここで紹介したものはあくまで応急処置です。ここで紹介した方法で痛みが和らいだとしても、決して虫歯は治りません。自然治癒はありません。逆に虫歯が進行している可能性が高いと思ってください。悪化してしまう前にできるだけ早めに歯医者の診療を受けてください。