なぜまだ痛む? 虫歯の治療後に歯がしみる原因とは

なぜまだ痛む? 虫歯の治療後に歯がしみる原因とは

    歯医者で虫歯の治療をしたはずなのに、その後虫歯部分がしみることがあります。これはなぜなのでしょうか。治療後に歯がしみたり痛んだりする原因として、考えられる要素をピックアップしていきます。

               

被せ物でしみる

虫歯の治療後に、歯に被せる銀歯など金属でできた「被せ物」。金属の被せ物は、熱さや冷たさを歯に伝導しやすいため、治療直後の歯には刺激が強く、しみる原因となることがあります。数日から1,2週間程度で自然と和らいできますので、治療直後は極端に熱い食べ物や冷たい食べ物は控えるのが賢明です。

歯の神経が敏感になっている

虫歯の治療では、歯本体を削ったり麻酔などを注入したりするため、歯の神経が普段よりも敏感になっています。このため、些細な刺激でもしみたり、痛みを感じたりしやすいのです。こちらも自然と和らいでいきますので、治療間近は歯に刺激を与えない生活をすることが大切です。

神経が弱くなっている

深い虫歯の場合は、歯の神経近くまで虫歯に浸食され損傷し弱っていることがあります。 歯の神経が弱りダメージを受けている場合は、虫歯の治療を行ってもしばらくの間、歯がしみることや痛みが続くことがあります。こちらもしばらく時間をおけば神経が自然と回復していきます。ただし、あまりに虫歯が酷かった場合は神経が回復しないこともあるので、痛みが長引き神経の回復が見込めない場合は神経自体を除去する治療が必要になってきます。

治療後虫歯がしみる場合の対処法

なぜまだ痛む? 虫歯の治療後に歯がしみる原因とは

治療後はたとえ治療がうまくいっていても、1,2週間程度は虫歯がしみることがありますので、1週間程度は熱いものや冷たいものなど歯に刺激を与えるものをできるだけ避け、安静に生活を送ることが対策となります。 痛みがひどく我慢できない場合は、冷たいタオルなどで頬側から患部を冷やすか、歯科医で痛み止めの薬をもらうのも手です。なお、痛みがあまりに酷い場合や長引く場合は、神経が感染している可能性があるため、もう一度歯科医で診察を受けてみてください。 治療後に歯がしみたり痛んだりする原因についてお伝えしました。大抵の場合は痛みは消失しますのが、症状が酷い場合については注意が必要となります。