歯の黄ばみの原因とその対処法について

歯の黄ばみの原因とその対処法について

    歯が黄ばんでいたり黒ずんでいたりすると、どうしても不潔なイメージや老けたイメージを相手に与えてしまいます。なぜ歯が黄ばんでしまうでしょうか? 歯の黄ばみの原因や対処法、解決法をご紹介していきます。

             

歯の黄ばみの原因

ここでは、歯の黄ばみが起こる原因をご紹介していきます。 ■歯みがき不足 歯みがき(ブラッシング)を毎日十分に行えていない、また歯みがきが正しい方法で行えていない場合、歯に汚れ(プラーク)が溜まり、それが「歯石」となり、結果的に歯の黄ばみの原因につながっていきます。また歯のみがき過ぎ(必要の力で研磨剤の含まれる歯みがき粉で毎日必要以上にみがくなど)も、歯のエナメル質を剥がし黄ばみの原因につながることがあります。 ■食べ物による着色 色の濃い食べ物や、合成着色料の含まれる食べ物を食べ続けると、その色が歯に付着したまま残り、歯の黄ばみにつながっていきます。特に、カレー・コーラ・コーヒー・紅茶・ワインなどが歯の黄ばみにつながりやすい食べ物です。また食べ物ではありませんが、タバコや葉巻なども歯の黄ばみの原因となります。 ■虫歯となった歯 歯が虫歯になると、患部が黄ばんだり、黒くなり穴があくことがあります。また虫歯の治療で、詰め物や被せ物をすると、その素材が経年劣化により変色し黄ばんで見えることがあります。 ■神経がなくなった歯 さらに虫歯が悪化し神経まで浸食すると、歯の神経を腐食してしまい、「歯が死んで」しまいます。すると、歯は栄養を吸収しないため、黄ばみや黒ずんだ色になっていきます。 歯の神経を除去する治療を行っても、同様です。審美的にも早急にかぶせ物をする必要があります。 ■老化 若い頃の歯は白くみずみずしいですが、歳を取る毎に歯も老化していき、徐々に色も黄ばんでいきます。これはたとえ健康な歯であっても起こる、人としての自然現象です。 ■その他 ケースとしては少ないものの、薬物による副作用、親からの遺伝による影響なども歯の黄ばみに関係しています。

歯の黄ばみの対処法

歯の黄ばみの原因とその対処法について

続いて、歯が黄ばんでしまった場合の対処法や解決法をご紹介していきます。 ■正しい歯みがき まずは日ごろから正しい歯みがき(ブラッシング)を欠かさずおこなうことが対策となります。軽度な歯の黄ばみであれば、歯みがきを改めることで解消できるかもしれません。特に着色しやすい食べ物を食べた後は歯みがきを忘れずに行いたいところ。また歯みがきのやり方に自信がない方は、一度歯科医で正しい歯磨きの方法を教えてもらうのも手です。 ■歯石や着色の除去 歯に「歯石」が溜まってしまった場合や、食べ物などで着色してしまった場合は、私たちの力だけでは汚れや色を取り除くのは困難であるため、歯科医で除去治療を受けることをおすすめします。歯科医では専門器具や材料を使い除去していきますので、歯石や着色でできる黄ばみを綺麗に取り除いてくれます。 また、かぶせ物の経年劣化による黄ばみは取り替えるしかありません。 ■ホワイトニング 歯石の除去や着色を取り除き、ご自身の本当の色を取り戻せても、テレビに出ている芸能人のような「真っ白」な歯を求めたいのであれば、歯の表面に過酸化物をメインとした薬剤を塗り、汚れを分解していく「ホワイトニング」をしましょう。いわゆる「歯の漂白」です。ホワイトニングをおこなえば、ひどく黄ばんだ歯でも、白い輝いた歯にすることができます(人によります)。また、神経がなくなって黄ばんだ歯や、老化によって黄ばんだ歯であってもホワイトニングは有効です。 ただ、気を付けたいことは、自身の本当の歯の色ではないので後戻りをします。定期的に行う必要があるでしょう。 また、かぶせ物の色は変えることができませんので注意が必要です。 ■かぶせ物をする かぶせ物をすることで、解消することもできます。いわゆる審美治療です。治療方法によっては、歯並びや咬み合わせなども併せて治療することもできますが、健康な歯をあえて削ってかぶせたりするため、歯科医師とじっくり話し合って決められたほうが良いと思います。 このように歯のきばみの原因は実にさまざまなものがあります。歯の黄ばみも虫歯同様に放置するほど治療に手間が掛かってきますので、黄ばみを発見したらできるだけ早くに対処していきたいところです。