普段より念入りに! 「矯正中」の正しい歯磨きのやり方

普段より念入りに! 「矯正中」の正しい歯磨きのやり方

    矯正中は、矯正器具の影響で歯や口が汚れやすい状態になります。矯正中ならではの歯磨き方法で、普段より念入りに歯を磨いていく必要があります。 ここでは矯正中の歯磨きのやり方のポイントやコツをご紹介していきます。

           

矯正中は普段より汚れやすくなる

矯正中は毎日24時間矯正器具を歯に装着することとなりますので、矯正器具の金具やワイヤー部分の隙間に汚れが溜まりやすくなっています。この汚れはいつも通りの歯磨きのやり方では十分に取り除けないことが多く、放置するとプラークに変わり、虫歯や歯周病の原因ともなっていきます。このため矯正中は矯正中ならではのやり方で、普段より入念に歯磨きを行う必要があります。

歯ブラシの選び方

矯正中はいつも使っている普通の歯ブラシのほかに、矯正器具の隙間を磨くための「ワンタフトブラシ」と呼ばれる先端が筆のようになっているブラシを用意するのが望ましいです。さらに仕上げとして「矯正用フロス」もあればなお良いです。ワンタフトブラシがない場合は、普通の歯ブラシの毛を縦2列程度になるように少々カットし、疑似的にワンタフトブラシを作ってみるのも一案です。

矯正中の歯磨きのやり方

矯正中の歯磨きは、次のような手順で行っていきます。 1.いつもの歯磨き まずは普通の歯ブラシで歯に対して垂直に当て、いつも通りのやり方で歯の表面部分を全体的に磨いていきます。歯の裏側も合わせて磨いておきましょう。 2.斜め磨き 歯ブラシを矯正器具のワイヤーに向かって上から斜め45度程度で当て、矯正器具の上部付近を磨いていきます。終わったら、同じように下から45度程度で当て、下部付近を磨いていきます。 3.ワンタフトブラシの歯磨き 「ワンタフトブラシ」をワイヤーや金具の隙間などに当て、普通の歯ブラシでは落とし切れない細かな汚れを取り除いていきます。特にワイヤーの真下部分や、奥歯の金具の隙間などは汚れが溜まりやすいので念入りに磨いておきたいところです。 4.歯と歯の隙間磨き 仕上げとして「矯正用フロス」を歯と歯の隙間に差し込み、隙間に入り込んだ汚れを取り除いていきます。矯正用フロスを使えば、矯正器具を付けたままでも歯の根元までフロスを差し込むことができます。 以上が矯正中の歯磨きの手順となります。

矯正中の生活

普段より念入りに! 「矯正中」の正しい歯磨きのやり方

矯正中は、矯正器具を装着しているため普段より歯に汚れが溜まりやすい状態です。 このため歯の汚れとなりやすい食事をした後などは、簡単にうがいをするなどして歯の汚れを少しでも減らす工夫を施したいところ。またガムやキャラメルなど粘着性の強い食べ物は、矯正器具にへばりつき歯磨きが困難になることがあり、時には矯正器具そのものを変形させてしまうこともありますので、矯正中は極力避けたいところです。 せっかく矯正をおこなっているのに、それが原因で虫歯や歯周病になってしまっては元も子もありませんので、矯正中は正しい方法でしっかりと歯磨きをしていきたいところです。