ホワイトニングの効果ってどのぐらい持続するの?

ホワイトニングの効果ってどのぐらい持続するの?

「毎日歯みがきをしているのに、最近なんとなく歯の黄ばみが気になってきた……」という方は意外と多いものです。 もともと日本人の歯はある程度黄みを帯びた色である場合が多いのですが、それに加えてタバコのヤニやコーヒー、紅茶などによる着色、加齢によるものなど、元々の歯の色よりも黄ばみが強くなってしまう要因も少なくありません。 そんな歯の黄ばみを解消し、白く明るい歯の色にする「ホワイトニング」は、近年人気の高い治療です。歯が白くなるのなら受けてみようかなと思いながらも、「ホワイトニングしてもすぐにまた元に戻ってしまうのでは……?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、ホワイトニングの種類と効果の持続する期間などについてご紹介いたします。

 

歯科で受けられるホワイトニングの種類

歯のホワイトニングというと、市販の「歯の白くなる歯磨き粉」を思い浮かべる方もいるかもしれません。市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉には発泡剤や研磨剤などを含むものが多く、歯を傷つける可能性があるうえに、期待できるホワイトニング効果はあまり高いとは言えません。 一方、歯科でのホワイトニング治療には、医院でおこなう「オフィスホワイトニング」と歯科医の指導のもと自宅でおこなう「ホームホワイトニング」の大きく2種類があります。 オフィスホワイトニングは、歯の表面に専用のジェルを塗布し、光を照射することで歯を白くする方法です。 ホームホワイトニングは、歯科でホワイトニング剤を塗布するマウスピースの型を取り、自宅でマウスピースにホワイトニング剤を注入して装着して時間を置くことを繰り返して、徐々に歯を白くする方法です。

ホワイトニングの効果はどのぐらい持続するの?

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングでは、ホワイトニングの効果の持続期間が変わってきます。 オフィスホワイトニングは濃度の高い薬剤を使用しておこなうため、すぐに歯が白くなる効果を実感できますが、色が元に戻るまでの期間も早め。個人差もありますが、だいたい3ヵ月から半年程度で元の色に戻るケースが多いようです。 一方、ホームホワイトニングは、時間をかけて少しずつ歯を白くしていくため効果が現われるまでに時間がかかりますが、効果の持続期間も半年から1年程度と長めになります。

ホワイトニングの効果ってどのぐらい持続するの?

白い歯をキープするために定期的なメンテナンスを

いずれの方法でホワイトニング治療をおこなっても、その効果がずっと続くというわけではありません。歯の白さを保っていくためには、3ヵ月から半年ごとに、定期的にホワイトニングのメンテナンスをおこなうのがおすすめです。 オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、両方をあわせておこなう「ディアルホワイトニング」という方法もあります。この方法は、オフィスホワイトニングによって白くなった歯を、ホームホワイトニングによって白さを保つことになり、効果を長持ちさせやすくなります。 また、ホワイトニングの効果を長く持続させるためには、歯に着色しやすい食べ物や飲み物をなるべく控えるなどの工夫も大切だと言えるでしょう。