入れ歯をインプラントで固定する「オーバーデンチャー」とは?

入れ歯をインプラントで固定する「オーバーデンチャー」とは?

    総入れ歯のタイプとして「オーバーデンチャー」と呼ばれるものがあります。インプラントを数本埋め込んで固定した後、その上から入れ歯を被せるというものです。 今回は、この独特の手法を採っているオーバーデンチャーの仕組みやメリット・デメリットをご紹介していきます。

       

インプラントで固定する「オーバーデンチャー」とは?

オーバーデンチャーとは、歯がほぼ無くなった方に向けた“総入れ歯”の一種です。 仕組みとしては、まず歯茎に数本のインプラントを埋め込みます。そのインプラントの柱を軸として、上から入れ歯を覆い被せて固定するというもの。インプラントの柱が固定具になるイメージで、仕組みはシンプルです(※なおインプラントではなく残存した歯を利用することもあります)。 インプラントが支えてくれるため、通常の入れ歯よりフィット感があり、噛みやすいのが大きな特徴です。

オーバーデンチャーのメリット

オーバーデンチャーのメリットとしては、次のようなものが挙げられます。 ・噛みやすい インプラントがしっかりと支えてくれるため、ずれにくく噛んでいる力も伝わりやすいため、自然な噛み心地を実感できます。 ・修理、メンテナンスがしやすい 仕組みがシンプルなため、装着・脱着が簡単にできます。入れ歯を支えている歯やインプラントに問題が生じても対応が可能です。 ・粘膜に優しい 通常の入れ歯のように歯の粘膜で支える訳ではないため、粘膜に負担が掛からず、身体に優しいです。 ・審美的にきれい 残存歯がある場合、入れ歯を支えるためにクラスプ(針金)をかけますが、インプラントを支台にすることで、クラスプの必要性が最小限に抑えることができます。

オーバーデンチャーのデメリット

オーバーデンチャーのデメリットには、次のようなものが挙げられます。 ・入れ歯に負担が掛かる 噛みやすく力が伝わりやすいため、入れ歯に負担が掛かりやすくなり、劣化が早まることがあります。このため、定期的に入れ歯のメンテナンスが必要になります。 ・インプラントに負担が掛かる 固定しているインプラント側にも負担が掛かりやすいです。インプラントそれぞれにメンテナンスが必要になることがあります。 ・通常の入れ歯より費用が高い 数本のインプラントを埋め込む手術が必要となります。また、強度のある保険診療適用外の入れ歯になるため費用が高くなります。

オーバーデンチャーをおすすめする方の特徴

オーバーデンチャーは総入れ歯となりますので、歯をすべて失った方、もしくは数本程度しか残っていない方に向けた治療法です。 その他のポイントとしては、主に次のような点を優先したい方におすすめです。 ・噛みごたえや噛みやすさを重視したい ・自然な噛みごたえを重視したい ・粘膜への負担を抑えたい 若くして入れ歯を装着すると、粘膜に掛ける負担が時間的に増えてしまうため、50代以下の若さで歯をすべて失ってしまった方にオーバーデンチャーがおすすめです。

歯・歯茎見本

このようにオーバーデンチャーは総入れ歯の方におすすめの治療法です。 当院の固定方法は、ロケーター装置もしくは磁性アタッチメントで入れ歯を固定します。 また、沈下防止インプラントという治療法を用意しております。顎骨などにインプラントを埋め込み、噛んだときの力を吸収してくれる仕組みです。これを行うことで入れ歯が沈下するのを防いでくれるのです。 歯をすべて失っている方や、「歯は残っているけど安定していない」「今にも抜け落ちそうな歯が多い」という方は治療の選択肢の一つとして、オーバーデンチャーを考えてみてはいかがでしょうか。