子供と大人で矯正に違いがある? 歯科矯正って早いほうが良いの?

子供と大人で矯正に違いがある? 歯科矯正って早いほうが良いの?

    歯の矯正は、子供でも大人でも行うことができます。 しかし子供と大人では歯の状態がそもそも違いますので、矯正の効果ややり方が異なってきます。 ここでは子供と大人の矯正の違いとやり方の差についてご紹介します。

       

子供の歯科矯正

子供(永久歯が生え変わる12歳以下の子供)の矯正は、今ある子供の歯を矯正するというよりは、その後生えてくる永久歯の歯並びを矯正する目的で行われます。 例えば永久歯が正しく生えやすいように歯の間にスペースを設けたり、顎のバランスを調整したりなどです。 つまり子供の歯と永久歯の生え変わりを利用して、その後の歯並びを矯正していくわけです。これが大人の矯正との決定的違いです。 子供の場合、歯茎や顎もまだ成長途中ですし、永久歯との生え変わりもありますので、大人よりも矯正は簡単に行えます。またその効果も大きく、短い矯正期間で歯並びを正せます。

大人の歯科矯正

大人の場合は、すでに歯も歯茎も顎も成長が終わっており、形が固まってしまっています。とはいえ大人であっても歯の向きは少しずつズラしていく事が可能ですので、矯正器具を装着し“長期的”に力を掛け、歯並びを正していきます。 また歯並びが余りに悪い場合は、外科矯正治療(手術)や抜歯などによって歯並びを正すという方法が取られます。 長期的な期間や、手術など具体的な手段を用いて歯並びを正していくのが大人の矯正であり、そこが子供の矯正との違いです。 なお大人の場合は、すでに歯並びや顎が出来上がってしまっている分、行える矯正方法も豊富です。医師の指導の下、それぞれにあった矯正手段を選び、進めることになります。

矯正は早くから始めたほうがよい?

前述もした通り、子供の歯のほうが矯正をしやすく、掛かる期間や費用も抑えられます。手術や抜歯などの手段を取る必要も減ってきます。したがって、歯並びが悪い場合は子供の早いうちから矯正を始めるにこしたことはありません。大人であっても、年齢の若いうちのほうが矯正を進めやすいため、早くから始めたほうが良いでしょう。

子供と大人で矯正に違いがある? 歯科矯正って早いほうが良いの?

歯列矯正の時期が遅れたからといって矯正ができなくなる訳ではありません。世の中には70代から矯正をはじめ成功した方もいます。今後は矯正技術の発展により、更に高齢でも矯正がし易くなるとも言われています。 ただし、遅れるほど矯正に掛かる時間や費用は大きくなってくるのが通例ですので、やはり早くから始めるに越したことはないと言えます。 以上が子供と大人の矯正の違いとなります。 子供のほうが矯正の恩恵を受けやすいのは事実ですので、歯並びが気になるお子さんを抱えている方は、できるだけ早めに矯正を考えていく事をおすすめします。