インプラント治療後はどのようなメンテナンスをすればいい?

インプラント治療後はどのようなメンテナンスをすればいい?

  インプラント治療を検討している、またはもうインプラント治療を受けたという方々に知っておいてもらいたいのが、インプラント治療後のメンテナンスの重要性です。 インプラントは治療が済めば終わり、というものではありません。長く快適にインプラントを使い続けるためには、治療後のメンテナンスが重要になってくるのです。 ここではインプラント治療を受けた後のメンテナンスの重要性や、方法についてご紹介します。

   

インプラントのメンテナンスの重要性

インプラントはチタン製のボルトを使っているため、虫歯になるということはありません。しかし人工物であるためインプラントの周りは、プラーク(歯垢)が溜まりやすく、歯周病菌の影響を受けやすいという側面を持っています。細菌に感染することで歯茎の腫れや出血、口臭などの症状が出てきます。感染が進むと、最悪の場合インプラントを取り除かなくてはいけなくなることもありますので注意してください。 自然に生えていた歯(天然歯)の手入れを怠ることで歯周病を発生させてしまうのと同じです。インプラントでも日々のメンテナンスが重要になります。 もしもインプラント周辺の歯肉が腫れていたり、血がにじんだりということがあれば、すぐに歯科医院で診てもらうようにしてください。

メンテナンスの方法

インプラント治療を受けた後のメンテナンスの方法を紹介します。 ・毎日の歯磨き 歯周病などの口腔内の病気を防ぐために、絶対に必要なのが日々の歯磨きです。 インプラント治療を受けた後は、特にインプラントと歯茎の境目や、隣の歯との隙間、噛み合わせの凹凸の部分に特に気を付けて磨くようにしてください。その際、強く磨きすぎるとインプラントが傷ついてしまうので、力を入れすぎないように注意しましょう。 ・歯間ブラシやデンタルフロスを使う 歯ブラシによる歯磨きだけでは、インプラントと隣の歯の部分の汚れは落としきれません。歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)を使うことで歯ブラシでは届かなかった狭い隙間の手入れが可能になります。 歯間ブラシやデンタルフロスも力を入れすぎると歯茎やインプラントに傷をつけてしまう危険性があるので、使い方のコツなどを歯科医師に相談するなどしましょう。 ・マウスウォッシュを使う 歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスにあわせてマウスウォッシュ(洗口剤)を使い口腔内を洗浄することで、より歯周病などの予防になります。 ただし、インプラント治療の直後から一定期間は歯科医師の指示がない限り使えないため、マウスウォッシュを始めるタイミングについては歯科医師の指示に従うようにしましょう。

歯磨き粉の選び方

歯磨きをする際に歯磨き粉を使うという方は、研磨剤が入っていないものを選ぶようにしましょう。研磨剤が入ったものであると、歯磨きの際にインプラントを傷つける恐れがあります。 研磨剤が入っているかどうかは歯磨き粉のパッケージに表記されている成分表を見ることで確認できます。以下に研磨剤に使用される成分の一覧を記載しておきますので、歯磨き粉を選ぶ際の参考にしてみてください。 ・リン酸水素カルシウム ・リン酸水素ナトリウム ・炭酸カルシウム ・炭酸ナトリウム ・水酸化アルミニウム ・ケイ素 以上の成分が含まれているものは選ばないようにしてください。

インプラント治療後はどのようなメンテナンスをすればいい?

インプラントの治療を受けた後は日々のメンテナンスや、歯科医師による定期的な検診が重要になります。 ここで紹介したメンテナンス法を日ごろからおこない、長く快適にインプラントを使い続けることができるようにしてください。