歯科のセカンドオピニオンは重要! 求めるためのポイント

歯科のセカンドオピニオンは重要! 求めるためのポイント

歯科医によって考え方や治療の方法は違うものです。そのため仮に同じ症状だとしても診てくれる歯科医によってその症状に対する処置のやり方が異なることがあります。場合によってはある歯科では「抜歯しなくてはいけない」と言われても、別の歯科では「抜かなくても治せる」という診断を受けることもあるでしょう。受診する側としては、やはり複数の歯科医に診てもらったうえで治療を受けたいものです。 複数の医師に意見を求めることを「セカンドオピニオン」を求めると言います。今回は歯科治療における「セカンドオピニオン」を求める際のポイントをご紹介します。

セカンドオピニオンを求める際に必要なもの

セカンドオピニオンを求める際は、まず現在治療を受けている歯科医師にその旨を報告してください。最低限の礼儀ですし、別の歯科医に意見を聞きに行く際には「紹介状」「レントゲン写真」「検査内容」など、現在治療してくれている医師にしか出せないものを持っていく必要があるからです。 上記の「紹介状」「レントゲン写真」「検査内容」などは絶対に必要というわけではありません。しかしこれらは「受診者の歯のデータ」です。あればそれを別の医師に見せるだけで歯の状況がわかります。逆に、なければ別の歯科医院で1から検査を受けなおさなくてはいけません。これではセカンドオピニオンではなく、「ただ複数の歯科医院に通っているだけ」です。 「ほかの歯科医の意見も聞きたい」というのは言いづらいことだとは思いますが、余計な時間や費用を抑えて最良の治療を受けるためには、ためらうことなくセカンドオピニオンを受けたい旨を歯科医に伝えましょう。 また、セカンドオピニオンを受けたらその内容を最初に診てもらった歯科医に報告することを忘れないでください。

セカンドオピニオンをしてくれる歯科医院を探す

セカンドオピニオンはどんな歯科医院でもおこなっているわけではありません。そのため予約も何もせずに目についた歯科医院に行っても断られる可能性があります。セカンドオピニオンを求める際は、事前にセカンドオピニオンをおこなっている歯科医院を探しておいてください。 セカンドオピニオンをしてくれる歯科医院を見つけたら、予約の際に「セカンドオピニオンを求めたい」旨を伝えるようにしましょう。セカンドオピニオンにかかる費用は歯科医院によって差があります。中には無料でおこなってくれる歯科医もあり、自分がセカンドオピニオンを求めている患者であることを知れたほうが、歯科医院側としても準備がしやすいのです。

歯科のセカンドオピニオンは重要! 求めるためのポイント

適切な治療を受けるためにはセカンドピニオンを求めることはとても重要です。ほかの医師と同じで歯科医師にもそれぞれで得意な分野があり、また異なる考え方があります。歯が抜けた場合一つをとっても「ブリッジ」「インプラント」「入れ歯」など、歯科医師によって対処法はそれぞれでしょう。 セカンドオピニオンとして複数の医師の意見を聞いて、自分が一番納得できる治療法を探すようにしてください。