子どもの歯を守る「シーラント」ってどんなもの?

子どもの歯を守る「シーラント」ってどんなもの?

  子どもの歯を虫歯から守るための虫歯予防法には、毎日きちんと歯を磨く、キシリトールガムを噛む、歯石を取る、フッ素コーティングをするなどいろいろな方法があります。しかしこれらの方法だけでは決して完璧な虫歯予防とは言い切れません。 最近では、子どもの虫歯予防の効果を高める方法として「シーラント」という予防法が注目されています。 ここでは子どもの虫歯予防の効果を高める「シーラント」の概要やメリットなどご紹介します。

シーラントとは

シーラントとは、小窩裂溝填足(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれることもある、虫歯の予防方法のことです。生え始めの乳歯や、生えたばかりの永久歯の嚙み合わせにある溝を、フッ素が配合された歯科用樹脂素材(レジン)でコーティングすることで歯を虫歯から守るというもの。 乳歯や生えたばかりの永久歯は、エナメル質が若いため表面の気孔が多く開いています。また石灰化が不完全です。特に6歳臼歯と呼ばれる奥歯は噛み合わせの力が強く働くので、しっかり虫歯予防をしなければ永久歯が生えそろう前に虫歯になってしまう可能性があります。 しかし前述の6歳臼歯をはじめとした臼歯は咬合面(こうごうめん:歯がかみ合わさる面)に溝が多く形状が複雑なため、普段の歯磨きだけでは磨ききれません。 シーラントによる虫歯予防では、この溝をすべて埋めてしまうため、溝に食べカスやプラーク入り込んでしまうことがなく、また歯磨きもしやすくなるため、効果的に虫歯予防ができるようになるのです。 (臼歯だけに限らず、ほかにも子どもにとって磨きにくい位置にある永久歯〈上の歯など〉にシーラントをおこなうケースもあります)

シーラントのメリット

シーラントをおこなうことにはどのようなメリットがあるでしょうか。 ・虫歯を高い確率で予防できる 適切なタイミング(6歳臼歯が生えてくる、12歳臼歯が生えてくる頃)におこなうことで、高い虫歯予防効果を得ることができます。乳歯や永久歯が生えた段階で歯の表面の溝を埋めることで、虫歯の原因になる食べカスやプラークの付着を防ぐことができるからです。 ・歯質を強化できる シーラントのレジンにはフッ素が含まれているものがあり、歯に塗布されたレジンからフッ素が出てきて、歯の再活性化を促進させます。そうすることで子どもの歯の歯質を強化してくれます。 ・歯を削らなくていい シーラントでは歯の溝を削る必要がないため、子どもが歯医者嫌いになる原因である「歯を削る恐怖」を味わわなくて済みます。(歯面の清掃はします) ・保険適用である シーラントは保険適用の範囲内です。歯1本につきだいたい400~600円で受けることができます。 ・短時間で処置が終わる 歯の形状にもよりますが、基本的にシーラント処置はそんなにかかりません。短時間で複数歯の処置が可能。そのため、小さなお子様であっても負担なく処置を受けることができます。

子どもの歯を守る「シーラント」ってどんなもの?

子どもの歯を虫歯から守るシーラントにはたくさんのメリットがあります。 お子様の歯を虫歯から守りたいとお考えであれば、シーラント処置をしてもらいましょう。その際はかかりつけの歯科医師にしっかり相談するようにしてくださいね。