歯医者でレントゲン撮影って必要なの? レントゲンの重要性

歯医者でレントゲン撮影って必要なの? レントゲンの重要性

歯医者に行くと、場合によってはレントゲン撮影をされることがあります。レントゲン撮影は多くの歯科医院でおこなわれている基本的な検査のひとつです。 どうしてわざわざレントゲン写真を撮る必要があるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。 歯は口の中を覗けば状態が分かりそうなものです。     しかし、覗くだけでは分からないことがレントゲン撮影によって分かることがあるなど、レントゲン撮影は歯科検査において欠かすことのできない重要なものです。 ここでは、歯科検査におけるレントゲン撮影についてご紹介します。

レントゲン撮影によっていろいろなことが分かる

歯科医は歯鏡(しきょう:口の中を見るための鏡)などを用いて、さまざまな角度から口の中の歯の状態を確認します。 例えば奥歯に黒い点が付いていたとして、素人ではそれが一体何なのかの判断ができませんが、歯科医であれば、それがただの汚れか虫歯かの判断が可能です。 しかし、視診だけでは、虫歯の箇所(発生源)や、進行度などを詳しく知ることはできません。 歯の根っこは歯茎の中に埋まっているので、口の中を覗くだけでは歯の全体を見ることはできないからです。 そこで用いられるのがレントゲンです。レントゲン撮影をおこなうことで、歯茎の中に埋まっている部分や、歯の内側の状態を確認することができるようになります。 レントゲンを撮ることで虫歯の状態だけではなく、「歯に詰め物や被せ物をしているか」「インプラントを入れているか」「歯周病によって顎の骨が吸収されている様子」、「歯茎の中にある親知らずの存在」、など、多くのことを知ることができます。 このように、見えない歯の状態を知るためには、レントゲン撮影の存在は必要不可欠なのです。

歯のレントゲン写真に写るもの

歯のレントゲン写真に写るもの、そしてそれらがどのように写るかを紹介します。 ・歯 歯は断面的に写ります。歯の神経(歯根の中心に灰色の線が通っているように写ります)や、歯の根の本数などの確認が可能です。 正常な歯は透明感のある白色に写ります。 ・虫歯や歯周病 虫歯はレントゲン上で黒い影となって写ります。 歯周病は歯と歯の隙間が黒くなり、顎の骨が沈んでいるように写ります。 ・顎の骨 顎の骨もレントゲン写真に写ります。 骨の構造や歯を支えている骨の量などを確認できます。 ・銀歯やインプラントなど 銀歯やインプラント、詰め物などは、透明感のない白色に写ります。

歯が染みるのを防ぐ歯磨き粉を選ぼう

レントゲン撮影をすることで、虫歯や歯周病などの有無だけではなく、それら病気の進行度や歯全体の状態を網羅的に知ることができます。 レントゲン撮影をすると言われると緊張するかもしれませんが、歯の健康状態を把握するために必要な検査のひとつです。 また予想外の病気の早期発見につながるかもしれませんので、歯科検診を受ける際にはしっかり撮影してもらうようにしましょう。