うどん派??そば派??(*´▽`*)

うどん派??そば派??(*´▽`*)

 うどんをはじめ、麺類のおいしさは麺のこしにあるといわれています。

では、どうやって、私たちはそれを感じているのでしょう??

食べ物のおいしさを味わうとき、味を区別するのは味覚という感覚ですが、歯ざわりというのもなかなか大切なものです。宇宙飛行士の食事も、最初はチューブに入ったペースト状にものでしたが、今は形のあるものに変わったそうです。これは、柔らかくてかむ必要のない歯ごたえのない食事では、食べた気がしないからかと推測されます。(誰か宇宙飛行士の知り合いいたら聞いておいてください(*´ω`*))

 歯ざわりとか歯ごたえという感覚は、歯の感覚と、咀嚼筋(かむための筋肉)の感覚から成り立っていると考えられています。

 まず、この場合の歯の感覚とは、むし歯になったとき、痛く感じる感覚とは違います。そして、歯の感覚は、歯の表面で感じるのではなく、歯の根の周りをおおっている歯根膜の、圧力を感じるセンサーで感じます。

 また、咀嚼筋の感覚とは、顎を動かす筋肉の中にあるセンサー(筋紡錘)が感じる感覚のことです。

うどんが歯に当たったことは、歯根膜のセンサーが知覚し、そのときの咀嚼筋にかかる力を、筋肉のセンサーで知覚します。それらの情報が大脳のコンピューターで総合的に判断されて、うどんのこしがわかると考えられています。

 では全部歯がなくなった総入れ歯の人はどうなるのでしょうか。この場合、入れ歯を支える歯肉のセンサーが、歯根膜のセンサーの代わりをすると考えられていますが、感度がそうとう悪くなるようです( ゚Д゚)

食べ物のおいしさは、やはり歯が健康でなければわかりにくいのです!!

誰だっていつまでもおいしい食事をとりたいですよねっっっ(^^♪そのためには自分の歯をより多く残すことが大切です。

予防のための定期検診や治療のご予約、お待ちしております。