ノロウィルスと歯科(´◉◞౪◟◉)

ノロウィルスと歯科(´◉◞౪◟◉)

ノロウィルスの感染性胃腸炎は年間を通じて発生しますが、特に秋から冬にかけて大流行します。 主な症状は下痢や嘔吐などの胃腸炎ですが、肺炎を併発することもあります。ノロウィルスによる肺炎は嘔吐物が気管から肺に入って引き起こされる誤嚥性肺炎であることが多いそうです。 1612012 高齢者は加齢によって嚥下機能が低下しているため、ただでさえ誤嚥しやすい状態にあります。口腔ケアを行ってお口の中を清潔に保つことは誤嚥性肺炎を併発するリスクを減らすためにも重要です。 161201 歯磨きやうがいなどで口腔内の細菌の数を減少させてできるだけ清潔に保ちましょう!! ご自身のケアだけでは不安・・・( ゚Д゚)という方は当院歯科衛生士にお掃除してもらってはいかがでしょうか??ご自宅でできるケアもご相談承りますよっっっ(*’▽’)