「口内炎」ってどうしてできるの? 原因と対処方法

「口内炎」ってどうしてできるの? 原因と対処方法

口の中でピリピリと痛む「口内炎」。 「口内炎」ができると食事をするのも大変ですし、大きなストレスになりますよね。 「口内炎」はいつの間にか気付いたら出来ているパターンが多いですが、その原因は一体何なのでしょうか。 「口内炎」の原因やその対処方法についてご紹介していきます。

   

口内炎の原因?

口内炎とは、口内の粘膜が炎症を起こす症状です。 その多くは“細菌”が根本原因となっています。 本来であれば、口内に細菌が付着しても身体が自然と防御してくれますが、何らかの原因で防御ができず、細菌が蔓延した場合に口内炎となります。 例えば、次のようなケースです。 ①粘膜を噛んでしまう 不注意で口の中の粘膜を噛んでしまうと、その傷口から細菌が入ります。 内部で細菌が蔓延しそれが口内炎となります。 ②免疫力の低下 ストレス、食生活の乱れ、運動不足、病気などで身体の免疫力自体が低下していると、細菌を殺すことができず細菌が繁殖しやすくなります。 結果、口内炎の原因になってしまうのです。 ③唾液量の減少 ストレスや病気、薬の副作用で唾液量が減ることがあります。 唾液が減ると細菌を除去できなくなるため、口内炎の原因に繋がります。 ④ビタミン不足 ビタミン(特にビタミンB2)が不足すると、粘膜が弱まり炎症が起こりやすくなります。 これも口内炎の原因に間接的に繋がります。 ⑤その他 例えば「ラウリル硫酸ナトリウム(歯磨き粉に含まれることのある成分)」など、粘膜を傷つける原因となる成分が口の中に残っていると、それが粘膜を徐々に弱らせ、口内炎の原因に繋がっていきます。

口内炎ができた場合の対処方法

口内炎ができた場合の対処方法

口内炎の対処方法としては、次のようなものがあります。 ①口内を洗浄する 軽度な口内炎であれば、粘膜で繁殖した細菌を除去することである程度悪化を抑えられます。 うがいを小まめにおこない、あわせて「イソジン」などの洗浄飲み薬を利用すると効果的です。 軽度であれば、洗浄することで自然と回復していきます。 ②口内炎の塗り薬を塗る 口内炎がだいぶ悪化している場合、アフタゾロン軟膏、ケナログ軟膏などが含まれた「口内炎用の塗り薬」を患部に塗ります。 細菌を除去し口内炎を抑え、あわせて痛みを緩和する効果もあります。 ③レーザー治療をする すぐに治したい場合は、歯科医や口腔外科でおこなっている「レーザー治療」を利用するのも手です。 数千円の費用は発生しますが、レーザーの力で一気に口内炎を治療することができます。 ④免疫力を高める 免疫力が原因となっている場合、口内炎は頻繁に起こり長引きます。 この場合は体調管理、食生活の改善、ストレス解消、サプリを摂取するなど免疫力を高める取り組みが必要となります。 ⑤その他 あまりに口内炎がひどく長引く場合は、病気などが原因している可能性がありますので、一度医師の診察を受けることをおすすめします。 以上が、口内炎の原因と対策となります。 口内炎は放置するとどんどん悪化していくことがありますので、気付いたら早めに原因を探り対処していくことが大切です。