歯科で処置される「つめもの」にはどんな種類がある?

歯科で処置される「つめもの」にはどんな種類がある?

虫歯などになり、歯に穴があいてしまったときなどに歯科で処置される「つめもの」。 つめものにはいくつかの種類があり、処置の際にどれにするか選ぶことになります。 つめものの種類によっては見た目や強度、歯の寿命への影響、そして費用などが異なりますので、自分に合った種類を選びたいものです。 ここでは一般的に用いられる歯のつめものの種類やそれぞれの特徴をご紹介します。

コンポジットレジン(プラスチック)

小さな虫歯治療のつめものとして使用されるのが、コンポジットレジンです。 プラスチックできており、少し歯が削れた際などにも使用されることが多いです。 【コンポジットレジンのメリット】 ・銀歯に比べて見た目が良い ・1回の治療で処置できることが多い ・保険適用なので費用を抑えられる 【コンポジットレジンのデメリット】 ・時間が経つと変色することがある ・耐久性が低く、割れやすい ・虫歯の再発の可能性が高い

パラジウム(銀)

金銀パラジウム合金という銀色の金属を使用したつめものです。強度が強く、奥歯などに使用されることが多いです。 型どりをしたあとセメントで固着させるため、治療を2回おこなう必要があります。 【パラジウムのメリット】 ・保険適用なので費用を抑えられる ・金属なので強度が強く、強い負荷にも耐えられる 【パラジウムのデメリット】 ・色が黒っぽく、見た目がよくない ・金属が唾液中に溶け出し、歯肉が黒くなったり、金属アレルギーを起こしたりすることがある ・虫歯の再発の可能性が高い

ゴールド(金)

金を使ったつめものです。歯とピッタリ適合するので比較的長持ちします。 目立たない奥歯に使用することが一般的です。 銀と同じように、型どりをしてからセメントで固着させるので、治療を2回おこなう必要があります。 【ゴールドのメリット】 ・歯との適合性が高い ・天然歯に近い硬さなので、噛み合わせによる他の歯への負担が小さい ・頑丈で長持ちしやすい ・虫歯の再発の可能性が低い 【ゴールドのデメリット】 ・保険適用外なので、費用がかかる(一般的に40000円ほど) ・金属の色が気になることがある

セラミックス

セラミックス(陶材)を使ったつめものです。 色合いや質感が天然歯とそん色なく、審美性にも優れています。 銀やゴールド同様、型どりをしてセメントで固着させるため、治療を2回おこなう必要があります。 【セラミックスのメリット】 ・天然歯とほとんど見分けがつかない ・耐久性が高く、劣化による変色も少ない ・金属を使っていないため、金属アレルギーの方でも安心して使用できる 【セラミックスのデメリット】 ・保険適用外なので費用がかかる(一般的に50000円ほど) ・天然歯よりも硬いので、噛み合わせにより他の歯に負担がかかったり、セラミックス自体が割れたりすることがある

セラミックス

歯科医で一般的に用いられるつめものの種類と、それぞれの特徴についてご紹介しました。 つめものを選ぶ際の参考にしてみてください。 つめものの種類によっては割れたり外れたりしやすいものもあります。 もしつめものが割れたり外れたりしたら、すぐにかかりつけの歯科医へ行き、適切な処置をしてもらうようにしてください。